スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返ると・・・

仙台での生活も2週間切りました。
まだ実感湧かないですが、札幌勤務のための準備をちょっとづつ進め出しました。
取り敢えず部屋は決めました。契約まだですが。
明日はお休みもらって色々片づけてしまいます。
区役所行かなきゃ。

震災から一月以上経ちましたが、まだまだ以前の生活には戻れません。
津波の被害がなかった地域でもそうですから、沿岸や原発避難区域の方々は・・・
お客様も被害甚大で、私も片づけの手伝いに行ったりもしました。
浸水した作業場を掃除して、洗浄・殺菌して・・・
みんな自宅の片づけをしながらも、お店が営業できるように準備していました。
津波の被害がひどかった場所も行きましたが、何もなかったです。
あるのは瓦礫ばかり。
良く通った道なのに、どこにいるか分からなくなるくらいです。
本当に復興には長い時間が掛かるんだろうな、と実感しました。

そんな中で札幌配属は複雑な気分です。
こんな状況なのに、地元帰れて良かったね、落ち着けるね、と言ってくれる営業所の方々の優しさに感謝せずにはいられません。
震災直後も一人暮らしの、地元が仙台じゃないメンバーは会社で寝泊まりして、みんなで協力して水や食料の確保をしたので、無事乗り越えられました。
地震当日の夜中に自宅でカセットコンロでご飯炊いて、おにぎり差し入れてくれた方
暗くて寒いからと、キャンプ用品のランタンを持ってきてくれた方
自宅の食料を分けてくれる方
断熱シートを貸して下さった方
本当に助けてもらっての生活でした。
残りの仙台生活で少しでも恩返しができればいいのですが。

震度6強の地震なんて人生で一度だと思っていたら、余震で再び震度6強が。
夜中に携帯の明かりを頼りに着替えて(パジャマだったので)避難所行って座り込んで朝を待ったり、また片づけやり直しでがっかりもしましたが(食器が半分割れましたし、家電もいくつか壊れた)いまは毎日元気に仕事してます。
余震は毎日ありますが、震度3くらいじゃ誰も反応しなくなった今の環境はやはり普通じゃないんだろうなぁと感じながら、東北の人々が少しでも早く安心して生活ができるようになるのを祈るばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
プロフィール

なお

Author:なお
戯れ言日記です。
実家の柴犬「しの」とネザーランドドワーフ「せつ」が恋しい今日この頃。毛玉にさわりたい・・・
上の写真は来たばかりの頃の「しの」です。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。